新車を高く売るには?せっかくの新車は高く売りたい!

新車を購入したものの色々な事情で売りたいと考えている方は、新車の価値が落ちない最高値の状態で早めに売ることを検討しましょう。

 

>> 【要チェック】査定額がこんなに違う・・・無料一括査定見積もりが最大10社分チェックできます!

 

新車は販売当初は人気車種の場合、市場に出回る台数が購入希望、予約している方に比べて少なくて、納車まで1年待ちなどの在庫不足状態が続きますが、人気車種も半年程度で市場に出回る数が落ち着きます。

 

いずれにせよ、住宅と車は似ている買い物ですが、住宅は充実した内容で価値を高めることもできますが、車の場合(高級車以外の場合)は一度、所有者の手に渡ると価値がどんどん減っていくと考えておきましょう。

 

ですので、まだ新車と認識されている間に早めに売るほうが絶対にお得です!

 

また新車の場合は必ずしも大手買取り会社が有利とは限りません。新車の場合、地域に密着した中古車店が手に入れたくてもなかなか廻ってこない車種の場合もあります。ですので、売却する場合は大手買取り会社を含めて、地域に根ざして中古車業を営んでいる会社からの査定も選んでおくことをオススメします。

 

個人的には時間や手間が面倒なら最低でも3社、最大限の価値をチェックしたいなら少なくても5社には無料査定を受けて欲しいと思いますね。

 

どうせ売る手間を省くなら、一円でも高く引き取ってもらう方が良いです。手続き面に加えて、売却額も高くするためには複数の買取会社に査定してもらう方が確実です。

 

↓車を売るなら最低でも5社以上の買取会社で査定してもらいましょう!

・ズバット車買取比較
大手を含む 100社以上の車買取業者から、厳選8社に一括で査定依頼ができるので手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べます。ガリバー、アップル、ビッグモーター等の大手にも査定依頼が簡単にできます。

 

・エイチーム・かんたん車査定ガイド
簡単な車情報の入力だけで、最大10社に一括で見積もり!ボタン一つであなたの中古車の最高額が分かります!ラジオCMでも有名ですね。最大で10万円プレゼントされるキャンペーンが実施されています。

 

・愛車を高く売る!楽天一括査定
大手から地域の車買取会社からすぐに見積もりをもらえます。楽天ポイントがもらえるので、楽天ポイントをためている方は査定依頼するだけでもお得ですよ!

 

 

新車を売ってもローン総額に足りない場合

もし新車を売っても借りている自動車ローンの総額返済に足りない場合はどうしたらよいのでしょうか?

 

新車売却額がローンの総額に足りない場合でも、ローンを貸している会社(ディーラーや銀行、JA、金融機関など)は返済を一括の支払いをしたほうがよいです。一括で返済することで金利負担分を安くすることができます。ですので、新車を売ったうえで、もう所有していない車のために自動車ローンを払うのがイヤ!という方は一括で一気に返済しましょう!

 

ただ、足りない分はどうにか調達しないといけません。その場合は大手消費者金融のキャッシングがオススメです。一般的な銀行ではローン返済のための貸付は行っておらず、基本的にはキャッシング・ローンと同様になります。

 

どうせお金を借りないといけないのならば、全国に店舗や無人店舗がある上、コンビニ等でも支払いができるので、大手キャッシング会社のほうが便利です。しかもお得な金利キャンペーンもありますので、借りてある程度の期間で返済するならキャッシングがオススメです。

 

もちろん家族や知人、友人に借金をお願いして借りれるなら(金利無しで)そちらの方が安心ですが、信頼や信用を無くすことも考えられますので、できるなら知人、家族、友人からの借金は避けたいですね。

 

プロミス

■30日間無利息があります。メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
■三井住友銀行orジャパンネット銀行利用で24時間振込可能
 (平日でも土日祝日でも22時までに契約完了することで24時間振込可能)
■平日14時過ぎても、ネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機にいけば、即日・当日対応が可能
 (自動契約機でカードを受け取れば、基本的に自宅に郵送物は届きません。)

 

↑利用しやすいという面と返済をする際も自動契約機が多いので早く対応できるという面からも大手のプロミスがおすすめです。

 

 


住宅ローンの返済がきついから新車を売るという場合は・・・

新車をローンで購入したけど、住宅ローンの返済と合わせると家計が厳しくなってきたという場合・・・

 

新車を最高値で早めに売って手放すということは賢明な判断です!!

 

車のローンと住宅ローンで家計が破綻してしまうという例はかなり多くあります。共働きだったけど、どちらかが病気や怪我で入院、治療が必要となり働けなくなり収入が減ってしまう、収入ダウン、ボーナスカットで世帯の年収が減るということも今や普通になってきましたからね。

 

住宅ローンの滞納は住宅ローンを貸している銀行や金融機関の信頼を大きく損ねます。通常、3ヶ月〜5ヶ月の滞納で支払いの責務を放棄したということで、銀行への呼び出し、説明等が行われ、最悪の場合、住宅の差し押さえ、競売という状態になります。

 

ですので、車のローンと住宅ローンの同時支払いが苦しいという場合は、できるだけ住宅を守る形で車のローンを払わないような家計の状態を作るほうが賢明です!

借金などで新車を売りたい

諸事情で借金の返済ができない、住宅ローンや教育ローン、各種金融機関、カードローンからの借入が返済できない・・返せない・・・。だから買ったばかりで仕事や家庭で使っていた新車も売りたい・・・という方は結構多いです。

 

新車を売っても、どうしても借金の返済やローンの返済が苦しい、このままだと自己破産、借金地獄、カードローン地獄だ・・・という方は、早めに債務整理という借金返済をラクにする方法を検討してください。

 

まずは債務整理の相談を無料でしてくれる弁護士事務所で自分の現況を相談し、借金やローン返済の苦しさから逃れる方法を教えてもらいましょう。

 

↓24時間365日全国相談無料の弁護士事務所「弁護士法人サンク総合法律事務所(「旧:樋口総合法律事務所)」

 

>> 「弁護士法人サンク総合法律事務所(「旧:樋口総合法律事務所)」の無料相談窓口はコチラ

 

ネットですべて連絡、依頼ができます。時間がない方、債務整理のプロ弁護士に無料相談したい方はコチラがオススメです。
※近くの法律事務所、弁護士が債務整理問題に得意とは限りませんのでご注意ください。

 

 

債務整理とは合法的に弁護士や司法書士などの弁護士事務所と借金の返済を軽減し、住宅や車などを残すような交渉をしつつ、借金返済の道筋を立てるという方法です。

 

自己破産も債務整理のひとつですが、自己破産はなるべくならしたくないと思います。ちなみに自己破産をすると全ての借金返済義務がなくなる代わりに、ほとんどの資産を没収されたうえ、お金の借入等もできなくなります。大体の方は離婚、離別という形になり、親族からも見放される場合が多いです。

 

ですが、ほとんどの場合、自己破産などの最終手段をとらなくても、任意整理という公的にも公表されない方法で借金問題の解決は可能です。簡単に言えば、会社にも家族にもバレずにこっそりと借金返済の軽減化をしてもらえるという方法です。ですので、新車を買ったけど、借金やローンの返済でやっぱり新車を早く売ったほうがよいかも・・・と考えている方は、借金返済そのものを軽減化することができるかもしれませんので、まずは無料で相談できる弁護士事務所に相談した後、新車を売るかどうかを判断したほうがよいでしょう。

 

ただ、新車の価値は販売と同時に日々刻々と価値を下げていきます。新車の価値が下がるということは貰えるお金が減るということになりますので、借金返済が苦しいという方でどうにかしないと・・・ということを考えている方はまずは弁護士事務所や司法書士事務所に早急に相談した後、新車を売るか、残して借金やローンの対策するかを判断しましょう!


新車が安くなる時期に売ってはいけない

基本的に一年を通じて新車を安く購入できる時期は3・4月、10月ごろ、しかも月末がよいといわれています。たとえば・・・トヨタ新車を購入する際はその新車販売店の決算時期を狙いましょうとなるのですが、逆に新車を売る場合にはこの時期はできるだけ避けたいところです。。

 

ディラーもこの時期は必死です。トヨタばかりを例にだすのもなんですが、あえてトヨタの新車が安くなる時期を例に出すと、決算前の売上をトヨタ新車で達成したいのですから、新車の値引きは大きくなるはずです。

 

新春フェアー、お得フェアーなど各種イベントの際も値引きは大きくなるようですし、新車が登場した際のスタートダッシュをかけたいときは値引きも大きくなるようです。ということはこの時期に新車レベル(実際は新車で買っても売れば中古車、あえていえば新古車レベル)が高く売るのは厳しいわけです。。。買取業者に足元を見られる可能性があります。

 

ですので、もうヤバイ!今日の夕飯代も厳しい!という状況でない場合を除いては新車が安くなる時期に、あなたの車を売るのはできるだけ避けましょう!

 

逆を言えば、この時期以外は結構高値で売れますよ♪ということにもなるんですけどね!!


新車を売って車に乗れないときはカーシェアリングを使いましょう。

新車を売ったら色々と車を使うの時に心配だ、不便だ・・・という方がいますが、今はカーシェアリングという便利なシステムがあります。

 

カーシェアリングなら、ちょっとした利用なら数百円で車を使うことができます

 

最近では駐車場のタイムズだったり、大手の会社がカーシェアリングに参入しています。若者の車離れは「所有しなくても必要なときに使う」というスタイルに移行しています。持たない、断捨離という時代ですので、カーシェアリングは現在のトレンドなんですね♪

 

毎月のガソリン代、駐車場、車検代、自動車税、自動車保険に加えて、タイヤ、部品交換などなど車の維持費は家計の3大出費といわれています。
(住宅、教育、車ですね。)

 

新車を売りたいけど、なんか不安という方はカーシェアリングを使うことをオススメしますよ♪

 

クラウドシェアリングで安くで相乗りもできます!

最近ではインターネットの普及でクラウドシェアリングにより、車のサービスも色々と便利なサービスが登場していますよ!

 

カーシェアリングはもうかなり有名ですね。
パーク21とか、コインパーキング&車のシェアリングサービスは全国各地で展開しているので、かなり便利になっていますね。

 

あとは海外では有名な配車サービス「UBER(ウーバー)」がありますね。コチラではカーシェアリング以外のシェアサービス、車で便利に移動する手段をご紹介しますね。
主に車を運転して同乗者を乗せるライドシェア、個人が個人に車を貸すカーシェアサービスがありますよ。

 

今までは企業のタクシーやカーシェアリング、レンタカーのみが選択肢だったんですが、今はスマホのアプリ経由で簡単に個人間のやり取りができる時代です♪

 

車がなくても、結構安くで移動できたり、車を借りて乗れたりする時代になりました♪

 

 

UBER(ウーバー)

https://www.uber.com/ja-JP/

 

日本でもサービスは展開していますが、まだまだ普及というには及びませんが、今後はこのようなサービスが増えていくでしょうね。
「UBER(ウーバー)」とは一般の運転手が客 を有料で同乗させる事業ですね。スマホ等でインターネットを通じて、車に乗りたい人と、車に乗せたい人をマッチングするサービスです。
サイト上ではグーグルマップを基準していて、料金も見積もりがでてきますよ。
今後はこのようなサービスが普通になりそうです。
タクシーよりもお得な場合が多いですよ♪

 

 

長距離ライドシェア(相乗り) - notteco(のってこ!)

https://notteco.jp/

 

相乗り相手が見つかる国内最大ライドシェアサービス「notteco」。
同じ目的地、同じ趣味の人の車とマッチングし、相乗りできます。全国対応している国内でもユーザーが多いサービスです。

 

 

Anyca (エニカ)

https://anyca.net/

 

カーシェアリングアプリサービスです。個人間でクルマをシェアする新しいカーシェアリングサービスで、全国オーナーの多種多様なクルマを利用することが出来 ます。自動車保険に1日単位で加入するシステムなので、安心に使えます。

 

CaFoRe(カフォレ)

http://cafore.jp/

 

クルマを貸したい人と、借りたい人をマッチング。みんなのカーシェアリング、CaFoRe( カフォレ)。 格安レンタカー・激安レンタカーよりも、地球にもやさしい個人間カーシ ェアリング。全国の珍しいクルマからお手軽なクルマまで、みんなでカーシェアリング!

 

 

↑最近では個人間のオークション売買だったり、民泊、家事サービスなどなど・・・スマホを利用してインターネット経由で個人間でやり取りができる時代になりました。
個人が企業を利用してサービスを利用するというだけの時代でなくなり、スマホを利用してネット上で個人同士がマッチングして、仕事や情報、モノのやりとりをする時代です。

 

車のレンタルやカーシェアリングも今は企業のタクシーやカーシェアリングのみでなく、個人間でも簡単に活用できるので、自分たちで高額な維持費のかかる自動車を維持する必要がどんどんなくなってきましたね!

新車の売却額はどのくらい下がっているかチェックする方法

新車を売る場合、どのくらいで買い取ってもらえるか?購入時と比べて新車の売却額はどのくらい下がっているかチェックする方法をご紹介します。

 

それは人気車かどうかの違いはありますが、基本的にはガリバー、グー、カーセンサーなど大手中古車販売サイトで同車種をチェックしてみてください。

 

その5〜8割の計算で買取価格になると考えておくといいのですが、一番確実なのは車の買取業者さんのサイトで概算の買取価格をチェックすることですね。

 

もちろん全国展開しているガリバー等でのみでなく、地域で独自の中古車販売をしているお店があればそちらもチェックをしておきましょう。いずれにせよ、新車の価値は日々どんどん下がっていくと考えれば、売るならできるだけ早く売ることをオススメします!